天孫降臨記念祭・天孫降臨御神火祭
(てんそんこうりんごじんかさい)
高千穂河原古宮地の斎場において、午後5時、夕闇迫る頃、鑚り火により採火した御神火を松明に移し、崇敬者が願いを託した祈願札や絵馬が焼納され国家安泰と、国民の平安が祈念される。
同時刻に高千穂峰の頂上でも神事が行われる。また、九面太鼓や霧島神楽も奉納されり。どなたでも参列できます。
境内での祭事
天孫降臨記念祭・天孫降臨御神火祭(境内)
高千穂之峰の頂上での祭事
天孫降臨記念祭・天孫降臨御神火祭(高千穂之峰)