〒899-4201
鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
TEL 0995-57-0001
お問合せ お問合せフォーム

厄祓のご案内

新神楽殿 厄払い
人がある年齢に達すると、これを厄年だといって厄ばらいをする風習が古くからあります。厄年という考え方はもともと陰陽道から出た説で、平安時代にはすでに盛んになっていました。

厄年の年齢は、人の一生の中でも、体力的、家庭環境、あるいは社会的にそれぞれ転機を迎える時期であり、災厄が起こりやすい時期として古来より忌み慎まれています。

数え年で男性は25歳、42歳、61歳女性は19歳、33歳、37歳を大厄として忌みます。また、その前後も前厄、後厄といって身を慎みます。本年の厄年は、以下のとおりです。ご家族お揃いにてお祓いをお受け下さい。
平成30年厄年一覧(年齢は数え年)
男性 女性
前厄 本厄 後厄 前厄 本厄 後厄
平成7年生
24歳
いのしし
平成6年生
25歳
いぬ
平成5生
26歳
とり
平成13年生
18歳
へび
平成12年生
19歳
たつ
平成11年生
20歳
う(うさぎ)
昭和53年生
41歳
うま
昭和52年生
42歳
へび
昭和51年生
43歳
たつ
昭和62年生
32歳
う(うさぎ)
昭和61年生
33歳
とら
昭和60年生
34歳
うし
昭和34年生
60歳
いのしし
昭和33年生
61歳
いぬ
昭和32年生
62歳
とり
昭和58年生
36歳
いのしし
昭和57年生
37歳
いぬ
昭和56年生
38歳
とり